ビジネス本・金融本感想文

おすすめビジネス本・金融本をご紹介

7つの習慣 成功には原則があった! スティーブン・R・コヴィー

スティーブン・R・コヴィーという作家が書いた自己啓発書になります。この自己啓発書は数ある自己啓発書の中でももっとも世界中で有名なものであると言っても過言ではありません。日本語にも翻訳されているように世界中でも翻訳されており、多くのビジネスマンに読み続けられています。

また、近年ではこの本に書かれている7つの習慣というものを子供のうちから身に着けようということで教育にもこの7つの習慣を取り入れていこうという動きも見られます。それほどの影響力を持っているのがこの「7つの習慣‐成功には原則があった!」という書籍になります。

基本的な内容としてはこの本に書かれている7つの習慣というもの、その習慣を身に着けていくことで成功者になるための道が開けるという内容になっています。この7つの習慣を導き出すためにスティーブン・R・コヴィー氏は世界にあまたとある自己啓発本を余すことなく読んでいき、それらに共通している要素を洗い出していきました。そして、100年前の日本でいえば明治時代の頃に書かれたような自己啓発本であっても、現代の優れた自己啓発本であってもそれらの本で書かれている成功者に必要な条件というのはほとんど共通しているということを明らかにしました。もちろん自己啓発本の中にはその時代だけに受け入れられた成功法則、または奇をてらったような戦略を描いて一時的に大ヒットしたような自己啓発本もあります。

スティーブン・R・コヴィー氏はそのような本は除いて、昔から名著と呼ばれている本、例えばD・カーネギーの「人を動かす」といったような本を選んでそれらの本から共通した成功者のエッセンスを抜き出しました。

そして、そのような成功者に共通するある種の共通する考え方、共通する姿勢などを身に着けるためにはどうすればいいか、それを考えた時に「7つの習慣」という考え方に行きつきました。この紹介されている7つの事柄を習慣として日々の生活の中に取り込んで自然に行うことが出来るようになれば成功者になることが出来るとスティーブン・R・コヴィー氏は唱えました。

新入社員におすすめできる7つの習慣

この本は自分が新入社員として会社に入社した時に読むことを強く薦められた本になります。

7つの習慣として挙げられているのは「自己責任の原則」、「自己リーダーシップの原則」、「自己管理の原則」、「Win-Winを考える」、「理解してから理解される」、「相乗効果を発揮する」、「刃を研ぐ」といったようなものになっています。このうち「自己責任の原則」と「自己リーダーシップの原則」については一言でいえば人生で起こるどんな出来事も人や環境のせいにせず、自分の責任として受け止めるということです。

また、「自己管理の原則」はいわゆるタイムマネジメントについての知識を書いたものです。また、「Win-Winを考える」以降の原則については、「自己管理の原則」までの3つの原則が出来るようになってから初めて考えていくべき原則であると言われています。

新入社員だった時は正直しっかりと身に着けることが出来たと言えるような状態ではありませんでした。ただ、仕事の優先順位をつける時になんとなく「自己管理の原則」というような考え方があったなと意識はしていました。
しかし、最近多くの成功者の本などを読むようになったり、実際仕事上において社会的に成功をおさめたといわれるような立場の人と会うことが増えてきて、この本に書かれている7つの習慣の要素をすべて兼ね備えているという人にはなかなか出会いませんが、たしかに成功者はこの7つの習慣のうちいくつかの習慣はきちんと身に着けている人が多いと感じるようになりました。

そしてそのようなことが分かってきて再度新入社員の頃とは違う気持ちで7つの習慣を読み直すとまた人生経験を経たからなのか、新入社員の頃にはピンと来なかったような部分が納得出来たり、昔読んだときには全く響かなかったようなフレーズが響くようになってきました。

何度も繰り返し読むことで7つの習慣が自分の頭の中に刷り込まれるようになれば、少しずつ自分の人生もより良い方向に好転するのではないかと感じられる一冊です。折りに触れて何度も読み返していきたい本になります。

社会的に成功したいと考えている人へおすすめ

社会的に成功したいと考えている人すべてにとっておすすめできる本であると思います。

何か自己啓発本を読みたいと思った時にはまずこの本を読むべきでしょう。実際、スティーブン・R・コヴィー氏が数多くの自己啓発書を読んで導き出した考え方というだけあって、この7つの習慣に書かれている内容は成功につながる道の真理を説いていると思います。この7つの習慣を本当に身に着けて実行できるようになれば、成功は自然に転がりこんでくるそのように感じられます。

また、この本は自分が社会人になった時の新人研修で勧められたように初めて社会に出る若者にもおすすめできる本になっています。特に第1の習慣から第3の習慣、「自己責任の原則」、「自己リーダーシップの原則」、「自己管理の原則」については社会人としての基本的な心構えを説いていると言っても過言ではありません。新人でもこの第3の習慣まではきちんと身に着けて実行できるようにしておくべきでしょう。したがって、新入社員にもおすすめできる本になります。

7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!

  • 作者: スティーブン・R.コヴィー,Stephen R. Covey,ジェームススキナー,川西茂
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1996/12/25
  • メディア: 単行本
  • 購入: 148人 クリック: 4,806回
  • この商品を含むブログ (777件) を見る