読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス本・金融本感想文

おすすめビジネス本・金融本をご紹介

日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこと 本田晃一

この本の作者、本田晃一さんが日本一の投資家、すなわち日本一の大富豪「竹田和平さん」から金持ちになるためのノウハウを学ぶはずが、人生が幸せになる生き方を教わった話。

作者は十代後半で人生をドロップアウトしてしまいます。

フリーターで貯めたお金で自転車に乗り、オーストラリアを横断したり東南アジアをバックパッカースタイルで旅するのですが、そこで出会ったアメリカからやってきた青年に金持ちになる方法を教わるのです。

その内容は「金持ちの周りをウロウロするだけ。そうすれば彼らを師匠にして教えを請うことが出来る」というものでした。

そんな作者が三四歳のとき、友人から日本一の投資家である竹田和平の講演会へ誘われます。
最初は、投資の方法や値上がりしそうな株でも教えてもらおうと軽い気持ちで講演会に参加するのですが、実際の和平さんの話は全く違うものでした。

作者は講演会の話を聞いているうちに「和平さんとマブダチにならないと」という気持ちが湧き上がりマブダチになるためにある行動を起こします。

そこから和平さんとマンツーマンで和平哲学や帝王学を作者が学んでいくのです。
この本の主役でもある和平さんは、初めから投資が上手くいっていたわけではありません。
二十代の頃に株式投資を始め、二~三回儲けて、その次の投資で儲けた分を全て失うという事を何回か繰り返したそうです。

十五億円を失ったこともあるというので驚き。
そして、そんな和平さんがどのようにして成功していったのかが書かれています。
作者は和平さんから沢山のことを学び、さらに幸せを感じながら生きられるようになっていきます。

また、どんどん成長していった、なんとも言えない豊かさを身にまとうことができたんだと話しています。

和平さんは自分のことを投資家ではなく花咲爺と紹介していて、幸せで豊かな人生を送るためには、「在り方」が大切なのだと伝えます。
作者同様、この本を読んでいくと小さなことに感動できるようになり、花咲爺の教えにより自分だけの花が咲き始めます。

幸せな人生を送るための些細な秘訣が書かれてます

多くの人は社会人になると、一度は仕事を辞めたくなる瞬間が訪れると思います。
自分も「仕事なんてもう辞めたいな、投資家にでもなって毎日家で過ごしたいな」などと考えていた時にこの本と出会いました。

日本一の投資家について書かれた本なら、投資について何か分かるかもと思い手に取りましたが、内容は説明文で紹介した通り、幸せな人生を送るための些細な秘訣が書かれていました。

この本の中で、和平さんは「たくさん稼いだ分、今度はどのようにしてそれを与えるかを天は見ている」と話しています。
日本一のお金持ちは、お金を稼ぐ方法ではなくどのようにして与えるか、ばかりを考えていたのです。

そして和平さんはこのようにも話しています。
うまくいかないときは動機を忘れているときだから、そんなときは「何のために」を思い出そう。

そして魔法の言葉、「そもそも」で自分を掘り下げてみよう、と。
これらの和平さんの言葉にハッと気付かされました。

そして、仕事で悩んでいた時「そもそも」という言葉から自分の考えを掘り下げ、その仕事を始めたきっかけを思い出すことが出来ました。
また、誰に喜んでもらいたくてこの仕事をしているのかと原点に戻ることで気持ちが楽になりました。

この本は、自分が今までしてきたことを振り返り、本当はどこに向かいたいのかを知るというきっかけを与えてくれます。

和平さんが行っているように、どんな状況でも不満より先に感謝の気持ちを持つということ、そこから自分を変えていこうと思えるようになるのです。

お金持ちだから幸せに見える、という思い込みは浅はかな考えなのだなと思いました。
お金を稼ぐ人ほど、周りに感謝の気持ちを持っていて、何かを与えているという法則に気が付くと、「ただお金持ちになりたい」という考えはどこか違うような気持ちになります。

自分の仕事に対する考え方を変えたいときや、仕事を始めたきっかけを忘れてしまっているようなときは、この本を読むことできっと考え方が変わるでしょう。
気持ちを新たにまた奮起することが出来るはずです。

日本一の投資家を知れる

この本は日本一の投資家は一体どんな人なのだろうと興味がある方には面白い本だと思います。

日本一の投資家ってこんな考え方をしているのかと、自分も意外に思う場面が多く、とても面白く読めました。

この本にも書かれている「どうしたら幸せなお金持ちになれますか?」と思ったことがある人にも、その答えがしっかり書かれているので読んでみると面白いかもしれません。

また、仕事で悩みがある人や辞めたくなったときなどに読むと和平さんの考え方に励まされますし、毎日が同じような日常に思え退屈しているような人にも、それがどれだけ幸せなことか気付かされるきっかけにもなる本だと思います。

日本一の投資家が一体どれだけ日本社会に貢献し、また出会う人たちを幸せにしようとしているのか、その行動と考え方を知るだけでも読んで良かったと思える本です。
深い愛情で、日本の大株主として日本経済を励まし支える和平さんに刺激を受け、この本を読んだ後はきっと元気になっていることでしょう。

 

日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこと

日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこと