読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネス本・金融本感想文

おすすめビジネス本・金融本をご紹介

出世する人は一次会だけ参加します 平康慶浩

ビジネス本

この本を書かれている平康慶治さんは、人事コンサルタントとして活躍されています。具体的には130社以上の人事評価制度改革に携わっています。この本では、昔と現代では出世のルールが変化していることを書かれています。

昔であれば残業は断れない、転勤は出世するためなら従うしかない、転職なんてなにを考えているのだと言われてきた時代と比べて現代は、企業を取り巻く環境はかわってきているからこそ、働き方や出世ルール、会社のスタイルにあわせて人事のあり方を説明しています。

続きを読む

プロの資料作成術 清水久三子

ビジネス本

ドキュメンテーション(資料作成)のスペシャリスト清水久三子さんの書かれた本。著者は各地で資料作成に特化。

社外・社内を問わず、自分が誰かを説得させ動かさなの資料の作り方が書かれている。
もちろん、図の配置や文章の構成・デザインの仕方についても書かれているが、この本の内容の多くは基本的な資料作成の目的について書かれています。

相手に何を説明しているのか理解させるのはもちろん、更にステップアップして、その資料を見、説明を受けた相手に行動させる「(なぜこの資料を作成して見せているか)意義がわかる」資料の作成について書かれています。

続きを読む

これからの人生 お金に困らない本 日経ヴェリタス編集部

投資

雑誌日経ヴェリタス編集部・編で30代世代の未来家、50代世代の今田家、70代世代の加古田家の異なるそれぞれの世代にスポットを当ててお金の悩みを明らかにし解決へのヒントをくれる本です。

未来家は共働きで子供がそろそろ欲しい世代、また、老後に関しても準備をしておこうという旺盛な意欲で投資や企業など様々な冒険をしていきます。

続きを読む

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計入門

ビジネス本

経済的側面から見た、人生を豊かにするための知識が詰まった一冊。著者の橘玲(たちばなあきら)さんは早稲田大学卒の作家で、本著のほかにもマネーに関する著書の出版や雑誌の連載を執筆しています。海外の作家が執筆した同様のテーマの書籍はほかにもありますが、本著は日本人の様々な側面を十分に加味した内容になっています。

続きを読む

7つの習慣 成功には原則があった! スティーブン・R・コヴィー

ビジネス本

スティーブン・R・コヴィーという作家が書いた自己啓発書になります。この自己啓発書は数ある自己啓発書の中でももっとも世界中で有名なものであると言っても過言ではありません。日本語にも翻訳されているように世界中でも翻訳されており、多くのビジネスマンに読み続けられています。

続きを読む

バカでも年収1000万円 伊藤 喜之

ビジネス本

著者である伊藤喜之氏は、元々輸入車系の商社に新卒入社した一般的なサラリーマンでした。
その会社で営業職を担当するものの、全く成果は出ず。
遂には営業職を外されて、工場での出荷作業の担当に回されてしまいます。
その屈辱から一念発起...ではなく、伊藤氏はそのままやる気の無い自堕落なサラリーマン生活を送ってしまいます。
まさしくダメサラリーマンと呼ぶにふさわしい状態で、工場での仕事を終えたら帰宅し、お菓子を食べながらダラダラとテレビ番組を見る毎日。
しかし、そんな伊藤氏にある転機が訪れます。

続きを読む

12大事件でよむ 現代金融入門 倉都康行

会社経営

「12大事件でよむ現代金融入門」は、現代の金融史に残るような12の事件について解説した本です。ニクソンショックやプラザ合意といった歴史に残るような重要な事件からはじまって、ブラックマンデーやバブル崩壊など金融システムの脆弱さを露呈した事件が続きます。

そして、21世紀になってから発生したリーマンショック・ギリシャの財政危機問題というまだ人々の記憶に新しい事件まで、全部で12の「事件」を取り上げています。

続きを読む

夢をかなえるゾウ 水野敬也

心理学本

本作の著者である水野敬也さんは処女作の「ウケる技術」を2003年に出版し30万部超えのベストセラーになった後、三作目である著書「夢をかなえるゾウ」を2007年に出版しました。本作は200万部を超えるミリオンセラーになりました。

またこちらの作品は2008年には小栗旬さん、水川あさみさんを主演としたドラマにもなっています。

続きを読む

小倉昌男 経営学 小倉昌男

ビジネス本

 

今回ご紹介する本は「クロネコヤマトの宅急便」の生みの親、戦後40年間でヤマト運輸を日本屈指のエクセレント・カンパニーに押しあげた希代の経営者、小倉昌男氏による経営の挑戦の数々を描いた自伝的著書です。

続きを読む

戦略思考トレーニング 鈴木貴博

会社経営

経営コンサルティング会社である百年コンサルティング社の鈴木貴博さんが書いた本です。経営戦略を立案し遂行するのは現代のビジネスマンの常識とはいえ、この能力は個人差が大きく、それが企業全体の戦略、そして業績の差となって現れてきます。

いい戦略を立てること、いい戦略を決定すること、そのためには、いい戦略思考力が必要です。

続きを読む